まぶたゆるみ・目元のくま改善

加齢でまぶたのたるみが起こる原因と対処方法

年齢を重ねると色々な所の老化が気になります。

その中のひとつ、加齢によるまぶたのたるみ。そんな、まぶたのたるみの原因と対処方法についてお話します。

 

 

 

・加齢よってまぶたのたるみが起こる原因

加齢によるまぶたのたるみの原因には2つあると考えられています。

 

1つ目が「狭義の眼瞼下垂」と言って、眼瞼挙筋が伸びきってしまう場合やひどい場合には眼瞼挙筋が瞼板から外れてしまう事が原因でmまぶたが期待通りに上がらなくなる状態となります。

 

2つ目が「眼瞼皮膚弛緩症」と言って、眼瞼挙筋の機能は正常範囲なのですが、皮膚がたるんでしまい、結果、まぶたが下がってるように見える状態を指します。そして中には、これら同時に起きてしまう場合もあります。

 

これらは加齢によるものと言われ、どうしても避ける事は出来ない症状となります。そして、早い人では30代後半から40代にかけて、これらの症状が現れる人もいます。

 

・加齢によるまぶたのたるみを解消する方法 

加齢によるまぶたのたるみを解消する方法には、眼輪筋を鍛えることが大切です。方法としては、眼輪筋のある場所を認識しながらマッサージを行います。そうする事で日頃鍛える事ができない眼輪筋を鍛える事ができ、まぶたのたるみを解消させる事が可能になります。

 

その際に一緒にたるみ改善アイクリームを使ってみてはいかがでしょうか。「ビーグレン トータルリペアアイセラム」なら、ポカポカ温感マッサージにより、より高い効果を得る事が可能です。就寝前に化粧水などでいつも通り肌を整えた後、目元に乗せて、上まぶたは目頭から目尻に向かってマッサージを行います。引い続き、下まぶたは目頭から目尻まで優しくマッサージを行う事で、加齢によるまぶたのたるみを解消させる事ができるのです。

 

・まとめ

いかがでしたか?加齢によるまぶたのたるみの原因を知る事で、どのように解消させていけば良いかわかっていただけたかと思います。中には手術などでたるみを解消する人もいるようですが、まずは、身近にできるマッサージから始めてみてはいかがでしょうか。この方法なら、無理なく毎日続ける事ができ、それによって効果を得る事もできるかと思います。

トップへ戻る